お薦め

毛根部に到達し、10時間以上も有効成分を与え続ける育毛剤

色々な育毛剤を使っているにもかかわらず、なかなか効果がえられない。

そんなひとは、有効成分がきちんと毛根に届いていないのかもしれません。
頭皮の脂はおもったよりもしつこく根本をふさぎます。
毛髪の構造は思ったよりも複雑にできており、
なかなか毛を作り出す毛根部まで届きにくいのです。

毛髪は毛包と呼ばれる、管状になっている袋のようなものに保護されています。
頭皮は他の皮膚と基本構造は同じですが、毛包がほかより密集してはえており、
皮脂腺が多いことが特徴です。
頭皮は、表面から表皮、真皮、皮下組織からなっており、
表皮からでている毛幹部と、その下の根にあたる毛根部に大別されます。

髪の毛を発生させるのは、毛根部の下端の球体状になっている毛球と呼ばれる部分。
その底の凹んだ部分には、真皮細胞層でできた、毛乳頭が入りこんでいて、
この中にぎっしりと毛乳頭細胞がつまっておいます。

ここに毛細血管を通じて、大切な栄養や酸素が運ばれてきて、
毛の元になる『毛母細胞』の分裂が始まり、上へ上へと押し上げられていきます。
これが髪の毛になります。

皮脂腺は毛包の上部に接続されており、意思と関係なく、常に分泌され、
毛先まで達して潤いを補給します。

この皮脂腺は、髪に潤いを与える大切な役目があるのですが、
同時に毛穴の入口をふさいでしまうバリアになり、
育毛剤の有効成分が到達しないことがあるのです。

ナノインパクトはこの問題に着目。
ホソカワミクロンが開発した、実に毛穴の約1000分の一の超微粒子
(PLGAナノ粒子)でできているだめ、
皮脂ブロックを超えて毛穴全体を覆うように、毛根までゆっくりと浸透していきます。

PLGAナノ粒子は、頭皮の水分によって、約10時間かけてゆっくりと溶け出し、
朝・夜二回塗布することで、実に一日に約2兆個、
毛穴ひとつにつき約5000万個ものPLGAナノ粒子が浸透する計算になります。

スカルプシャンプーhttp://www.epartnersolutions.com/hatsu.htmlなどで、きちんとケアした後に、
お使いいただくことでさらに効果を実感できることでしょう。
育毛剤の効果の現れ方はこちらを参考にしてください。