お薦め

ミノキシジル配合医薬品育毛剤

ミノキシジルとは、発毛効果のある成分で、
主に血管を拡張子し、血流をよくする効果があります。

大正製薬から発売されている、『リアップ』は、
育毛剤に興味のないひとでもCMなどでみたことがあると思います。
『リアップ』に代表されるミノキシジル配合の育毛剤は、
確かな実績をつんでいます。

元々は、高血圧の経口薬として、現在のファイザー社が開発しました。
1980年当時アップジョンという名前でしたが、
はげや脱毛症にも効果があるとして、
『ロゲイン』という名前で販売されました。

ミノキシジルよりもだいぶあとになりますが、
後に育毛成分として認知されたデュタステリドを
主成分とする『アボダート』も、
元々前立腺肥大症に開発されたもので、
別の用途に開発された薬に育毛を促進する効果があった、
というような事例はよくあることのようです。

ミノキシジルは使用中は脱毛を止めるが、
使用をやめるとまた脱毛するリバウンドがおきる薬品です。
またにきびや、頭痛、かすみ目、性欲減退、手足のしびれ・むくみ、
低血圧などが副作用としてしられています。

脱毛を止めるメカニズムとしては、血管を拡張し、
毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化するためといわれていますが、
はっきりとはわかっていません。

AGA治療薬として、認可されており、ジェネリックも開発されているため、
安定した人気があります。
フィナステリドと呼ばれるAGA治療薬とは機構が異なるため、
相乗効果が期待できます。

フィナステリドは、男性ホルモンであるテストステロンを
ジヒドロテストステロンに変換し、
テストステロンが原因の脱毛をとめる働きがあります。

毛髪の育成を促進するミノキシジルと併用することで、
さらに相乗効果が生まれると考えられます。

ロゲインのジェネリック医薬品としてはカークランド社が
製造・販売する『カークランド』や、
タイのT0ファーマ社が製造・販売する
ミノキシジルタブレットなどがあり、
手ごろな価格で続けやすいと注目されています。
育毛剤はまだ手を出しづらい...という方はシャンプータイプから始めてみてはいかがですか?
育毛シャンプーと普通のシャンプーのちがいはこちらに載っていますのでご覧ください。