お薦め

漢方にも使われている天然植物成分などを100%近く配合した薬用育毛剤

アレルギーなどをお持ちの方は、天然成分のみの育毛剤でないと不安におもうと思います。

頭髪環境にも、天然植物成分のほうが、一般に髪によいとされています。
特に女性は、漢方にも使われているような、
天然由来の植物成分を配合した育毛剤を好む傾向があります。

『マイナチュレ』は、無添加、植物成分を特徴に、女性に人気です。

『利尻ヘアエッセンス』は、昆布に代表される天然成分を
100%近く配合した、薬用育毛剤です。
昆布のほかはセンブリエキス、オタネニンジンエキス、
天草エキスなど、21種類の植物エキスが含まれ、
硬くなった毛根の深くまで浸透します。

実は漢方の中には、育毛効果のあるものが多くあります。
飲み薬の温清飲、十全大補湯、桂枝加竜骨牡蛎湯などです。

よく外用薬の育毛剤に使われているのが、センブリエキス。
胃の調子をよくすることで血流を良くします。

マカエキスは、ペルー産のマカからとれます。
育毛のほかにも冷え性や疲労回復など、身体全体を元気にする効果があります。

センキュウエキスは、頭皮に潤いをあたえ、フケかゆみを防ぎます。

ほかにもチクセツニンジン、カンゾウエキス、ローズマリー、メカブ、
オウヒエキスなどがあります。

薄毛にたいする漢方の考え方は、
腎臓、肝臓が弱っているということが遠因としています。
身体の調子を整えることで、毛髪への血流をふやし、
栄養をしっかり送り、発毛をうながすということです。
直接育毛効果というよりも、間接的な効果をねらった育毛剤といえましょう。

漢方薬配合の育毛剤には内服タイプと育毛シャンプーhttp://www.rachelboltz.com/nukege.htmlやオイルのような
直接つけるタイプとあります。

柑橘系のみかんの皮にも脱毛を抑制する働きがしられており、精油成分「リモネン」は、
男性ホルモンと結合すると脱毛の原因になる
5α-リダクターゼを阻害することがしられています。

いずれも天然植物成分なので、安全性の高さが特徴です。

ただ漢方薬を育毛剤として考えている方は、
漢方薬についての専門家、薬局などに相談してから服用しましょう。