お薦め

飲用タイプの育毛剤

色々な育毛剤がありますが、飲むタイプと、
塗るタイプ、大きく2つにわけることができます。
ところで育毛と発毛のちがいは知っていますか?
分からない方はこちらに育毛と発毛のちがいについてのサイトがありますのでご覧ください。

外用薬よりも、飲むタイプの選択は、副作用も考えられますし、
より慎重に安全性の高いものを選びたいものです。
特に副作用は気になるところです。

服用する育毛剤には、医薬品とされるものと、
サプリメントのような健康食品とされるものの2種類があります。

まず医薬品ですが、ほぼ、目的としては男性ホルモンの制御に注目したものが多いです。
例えば、『フィナステリド』という薬品は良く知られています。

そもそも脱毛は主に皮脂腺から分泌される5αリダクターゼという物質が
男性ホルモンである、テストステロンへ働きかけて生成される、
ジヒドロテストステロンが、原因といわれています。

5αリダクターゼには、皮脂腺に多く存在するⅠ型と、
毛乳頭に多く存在するⅡ型があり、『フィナステリド』は、
Ⅱ型を抑える内服薬として、人気があります。
副作用については、ほとんど報告されていません。

ただ、フィナステリドは男性専用です。女性の服用については
深刻な副作用が指摘されています。

妊娠中の女性がフィナステリドを服用すると、胎児に副作用を及ぼし、
生まれてくる子に障害が発生する可能性があるからです。

同じく男性ホルモンに着目した飲み薬で、最近では、
『デュタステリド』と呼ばれる、Ⅰ型Ⅱ型、どちらの型も同時に抑えることができる
医薬品も発売されています。

副作用としては性的不能、性欲減退などが報告されています。
デュタステライドのアレルギーがある方はいわゆるアレルギー反応に注意が必要です。

『ミノキシジル』も飲用タイプの育毛剤です。
ミノキシジルは、血管を拡張することにより、毛根に栄養分を効率よく送り込み、
発毛を促進する成分で、フィナステリドやデュタステリドと機構が
異なるので併用することができます。

ただ、ミノキシジルは今は外用薬として使われることが多いようです。
AGA治療薬を検討する際は、病院で処方してもらうのが一番安心です。

飲用タイプの薬を希望している方はまず、病院で相談してみましょう。

自分に合った育毛剤の選ぶポイントがこちらに載っています。
こちらを参考にして選んでみてください。