お薦め

塩化カルプロニウムを含有した医療用の脱毛治療薬

カルプロニウム塩化物水和物って知っていますか。

別名フロジンともよばれ、胃の働きを活発化し、
胃液の分泌を高める効果があり、内服薬としては
慢性胃炎や胃下垂などの治療にも利用されています。

外用薬としては育毛や発毛に効果が期待される医薬品です。

皮膚科で受診すると、育毛剤として処方してもらえることもあるようです。

5%高濃度の塩化カルプロニウムはフロジン液といわれ、
医療用脱毛症治療薬として知られています。

ミノキシジルと並ぶ、メジャーな発毛成分です。
そもそも、髪の毛がなんで生えるのかというと、
毛根にある毛乳頭の周辺に張り巡らされている毛細血管から、
毛乳頭が栄養や酸素をもらい、毛母細胞に増殖を促すというメカニズムなのです。

ミノキシジルも基本的には同じ効果が期待される医薬品です。
つまりストレスや生活習慣など、様々な理由から、毛細血管の血流が滞ると、
毛乳頭が栄養をもらえなくなり、脱毛につながる、それを抑制するわけですね。

塩化カルプロニウムは血管を拡張する作用があるので、
それにより血流の改善され、栄養分が発毛を促すわけです。

これを使った代表的な商品が、第一三共のカロヤンです。
抜け毛予防なら、医薬品カロヤンというくらい、ロングセラーのヒット商品です。

カロヤンシリーズには、1%濃度のカルプロニウム塩化物が含まれており、
血管拡張効果と血流増加作用をうたっています。

そのほかに、毛乳頭細胞を活性化させる、チクセツニンジンや、脂質を除去するカシュウ、
ふけかゆみを抑えるヒノキチオール、角質を軟化させるサリチル酸など、
色々とブレンドし、最大の効果を期待できるようにつくられています。

髪の生え変わりのプロセスのポイントごとに、有効成分がしっかり働きかけるから、
それだけ発毛効果を期待できますね。

ただ塩化カルプロニウムにも副作用はあり、
発汗や、頭皮の異常、吐き気嘔吐などは、まれですが起こることがあります。

アレルギー体質の方は特に注意して、使用しましょう。
こちらに血行促進タイプ・男性ホルモン抑制タイプの育毛剤などが紹介されていますので参考にしてください。